メニュー

コラム

2018.08.26

悩みの原因9割はコミュニケーション不足?!

・営業件数が決まらない

・制作でミスばかり

・社員同士でギスギスしている

・部下が言うことを聞かない

・上司がガミガミうるさい

 

オフィスに入った瞬間の

ドロドロッとした重苦しい雰囲気は

誰も好きではないはずです。

 

プライベートでも

浮気不倫DV、毎日の夫婦ゲンカ・・

問題は山積みです。

 

世の中で起こっている問題のほとんどが

人間関係によるトラブルです。

そしてあなたや周りの人が抱えている悩みも

ほとんどが人間関係が影響しています。

 

逆に言うと、

人間関係が改善されれば

冒頭にあげた問題のほとんどが

改善されていくはずです。

 

・・・たいていの場合は

言葉が足りないことが多いようです。

 

一言のお礼や、謝罪の言葉が

足りていないことが多いです。

 

気付かずに言わなかったり

遠慮が入って言えなかったりして

(言わなくてもわかるだろう。)

とサボってしまいます。

 

そんな小さな怠惰が亀裂になって

違和感として1つ2つ重なることで

その人との縁がビリビリと切れていきます。

 

たった一言の「ありがとう。」があるだけで

私たちの人間関係は驚くほど改善されていきます。

 

最初は気恥ずかしく

むず痒いする思いもあるかもしれませんが

この一言が大きな差を生むこともあります。

 

あるいは業務の連携がうまく取れていないようなら

お互いがわかるまで聞きあって話し合って

理解し合うことが重要です。

 

「言わなくてもこれくらいわかるだろう。」

というのはエゴであり、サボりです。

 

コミュニケーションの本来の目的は

「わかってもらうこと」です。

 

伝えるだけではなく

相手に理解してもらわなければ

コミュニケーションとは言えません。

 

外国人相手に日本語だけで伝えようとするようなものです。

知っている英単語を使ったり

絵を描いたりジェスチャーをしたりして

わかってもらおうとするはずです。

 

日本人同士で日本語同士だと

つい肝心なところをサボってしまいます。

 

言えばわかると思ってしまいます。

 

わかるまで言ってください。

そしてわかるまで聞くことです。

 

適切な会話のキャッチボールを

辛抱強く重ねて

円滑なコミュニケーションを目指していきましょう。

 

初対面との交流が多い営業マンは

特にコミュニケーション能力が重要視されます。

 

マニュアルにあるようなことを

つらつらと話していくのではなく

お客様との信頼関係を築けるように

相手の気持ちに寄り添っていくことが大切です。

 

コミュニケーションに自信がない方は

多くの知識や技術を学んでみるといいでしょう。

 

伝えたい気持ちがあるにもかかわらず、

すれ違ってしまうことが多いのであれば、

それは何らかの技術が足りないからかもしれません。

 

Googleで検索してサイトにたどり着き

このコラムを読むことも

簡単にできるようになっているように

会話も方法を学んでやっていけば身につきます。

 

学んでチャレンジしていけば

多少の変化はあると思います。

少しずつの変化を自信に変えていき

コミュニケーションを楽しめるようにしていきましょう。

 

一緒にレベルアップしていきませんか?

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

この記事をシェアする
Twitter
Facebook
はてな
RSS
求人情報はこちら求人情報はこちら