メニュー

コラム

2021.10.20

スレート屋根塗装の費用は?塗装手順やメリット・デメリットも紹介!

スレート屋根が劣化してしまった場合、どのように修繕するべきかご存知ですか。スレート屋根は一般的な家屋で使用されており、軽量で耐久性に優れている屋根材です。定期的なメンテナンスを行うことで劣化を防ぐことは可能ですが、突然ヒビ割れなどを発見した場合、どのように対処したら良いでしょうか。

本記事では、スレート屋根の特徴や劣化の原因を詳しく解説していきます。また、適切な対処方法や塗装の手順などスレート屋根にまつわる、あらゆる事柄を紹介していきます。ぜひ参考に、今後の屋根修繕にお役立てください。

この記事で分かること

  • スレート屋根の特徴
  • 塗装が必要な劣化状況
  • 塗装のメリット・デメリット
  • 塗装の手順
  • 塗料の選び方
  • おすすめの塗料

 

スレート屋根の特徴

 

ストレート屋根は近代的な家屋によく馴染むデザインで、一般的な建物・家屋の屋根材として採用されています。また、カラーベストやコロニアルという商品名で流通しており、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

スレート屋根は、高級感のある天然スレートと安定した品質の化粧スレートの二種類に分類されます。特に薄く軽量で耐震性に優れている点が特徴のスレート屋根。以下ではスレート屋根の「耐震性」「定期的なメンテナンス」といった特徴を挙げ詳しく解説していきます。

 

1.耐震性に優れている

厚みが少なく非常に軽量なところがスレート屋根の良いところ。そのため建物に負担をかけることなく耐震性のある住居が実現します。また、リフォームでスレート屋根に変更することも少なくありません。

総重量のある瓦屋根から軽量なスレート屋根に葺き替え工事をすることで、建物の耐震性改善に繋がります。ただし、寒さに弱いところが難点。そのためスレート屋根は寒冷地方の住宅には適していません。

 

2.定期的なメンテナンスが必要

スレート屋根の耐久性や防水性は、新築後10年をメンテナンスの目安としてください。新築より時間が経過するにつれてスレート屋根の防水性が失われていきます。スレート屋根自体に防水性は期待できないため塗装などといった補填が必要です。

適切なメンテナンス時期を逃すと防水性が下がってしまいます。そうすると、屋根の劣化が進んでしまい腐食や雨漏りといったトラブルに繋がることも。早期メンテナンスをするに越したことはありません。劣化を進行させないためにも、新築から10年を目安にメンテナンスを検討することをおすすめします。

 

スレート屋根の劣化原因

 

スレート屋根の主な劣化原因は「経年劣化」「寿命」「施工不良」の3つです。以下では、劣化原因について詳しく解説していきます。屋根の劣化は気付きにくいものです。しかし劣化を未然に防ぐためにも、自宅の屋根の状態を日頃から確認しておきましょう。

 

1.経年劣化

雨風や日光の影響により、時間の経過とともに屋根材が痛みます。このように故意に破損したものとは異なり、自然に時間と比例して起こる経年劣化は避けられません。主なトラブルは屋根材の浮きやヒビ割れが多く、放置すると雨漏りを引き起こす可能性もあります。

先述でも解説しましたが、10年ごとに定期メンテナンスを検討しましょう。初期段階の劣化であれば、屋根塗装工事で修繕が可能です。

 

2.寿命

スレート屋根の寿命は一般的に10〜20年です。しかし、それ以前から屋根材の痛みが起こり、劣化が始まります。そのためにも、新築方10年もしくは前回のメンテナンスから10年のタイミングで塗装などといった塗り替えをしましょう。

塗り替え行うと防水性が向上し、スレート屋根の耐用性を高めます。ただし劣化速度や寿命は屋根材の種類によって異なるので注意してください。

 

3.施工不良

新築時の手抜き工事などといった施工不良がスレート屋根の劣化の原因になります。ビス穴がズレていると、そこから雨水が侵入してしまうことも。この影響から一般的な寿命よりも早く劣化する傾向にあります。見えにくい部分で素人の判断が難しいところが難点です。

 

塗装が必要な劣化症状

先ほどでは、10年ごとのメンテナンスをおすすめしました。しかしそれ以前に「色あせ」「コケ」「ひび割れ」「カケ」の4つの症状に気づいたら、専門業者に相談してください。では、ひとつずつ症状を確認していきましょう。

 

1.色あせ

スレート屋根の色あせは主に紫外線が原因です。色あせは塗膜の効果が失せている証拠。防水性が下がり、屋根材が雨水を吸収してしまう恐れがあります。色あせしたトレース屋根には塗装を施して防水性を回復させましょう。

 

2.コケ

およそ築10年前後でコケが発生すると言われています。コケが生えてしまったスレース屋根は、防水性が失われたというサインです。このままでは、屋根材自体が劣化してしまい、雨漏りが発生してしまうことも。コケに効果的なメンテナンスは塗装です。

 

3.ひび割れ

スレート屋根のひび割れは、雨水を含み乾燥・膨張または結露の繰り返しが原因。このひび割れを放置すると、亀裂が進行し屋根材が割れてしまいます。そこへ雨水が侵入してしまうと断熱材や防水シートなどの劣化や住居の腐食に繋がる可能性が高いです。

内面まで劣化してしまうと塗装だけでは回復しないこともあります。そのためひび割れの修繕は、塗装だけでなく補修検討してください。

 

4.カケ

スレート屋根のカケなどの欠損は、上述のひび割れよりも深刻な状態です。一部のみの破損であれば、屋根材の塗装や補修でも対応できることもあります。広範囲の欠損には、屋根材を、全面的に変更する葺き替え工事やカバー工法による工事を視野に入れておきましょう。

 

スレート屋根塗装のメリット

スレート屋根を塗装するメリットは主に「防水性の回復」「見栄えがよくなる」「費用が安い」といった3つがあります。ひとつずつメリットを確認していきましょう。

 

1.防水性の回復

塗装を行うことで、スレート屋根の防水性が回復します。先ほど解説した、屋根材の劣化症状は主に防水性の低下が原因です。屋根は住宅の中でも雨風の影響を受けやすく、破損しやすくい場所であることを覚えておきましょう。

防水性を向上させることで、雨漏りから家屋を守る働きが期待できます。また、カビなどといった内側の腐食も防ぐため、屋根の防水性は非常に重要なポイントです。

 

2.見栄えがよくなる

スレート屋根を塗装することで、色あせや退色が改善し美観を保つことが可能です。また、既存の屋根色と違った色に塗装することで、雰囲気を変えることもできます。本来の目的は防水性の向上ですが、外観の美しさを保ちたいものです。

 

3.費用が安い

スレート屋根の塗装は、他の工法と比較すると比較的費用を抑えられる工事です。詳細は、後述でもご紹介しますが、費用が高くつくと言われている葺き替え工法と比較すると、半額で抑えられることもあります。

 

スレート屋根塗装のデメリット

一方でスレート屋根塗装にはデメリットもあります。ここからは「寿命」「大きな破損に対応できない」「工期が長い」といった3つを挙げて詳しく紹介していきます。

 

1.寿命は伸びない

スレート屋根の塗装は、屋根を保護をする役割で、寿命が伸びる効果はありません。もちろん劣化を遅らせて破損を防ぐことはできます。しかし、時間の経過と共に寿命は避けられないため、より長く良い状態の屋根を保つために塗装を行うと理解しておきましょう。

 

2.大きな損傷に対応できない

塗装はあくまでも予防手段です。カケてしまったりボロボロになったりと大きな破損に塗装しても修繕されません。また、すでに内側の防水シートや断熱材が劣化している恐れもあるので、そちらのメンテナンスが必要となります。その際は、カバー工法や葺き替え工法で修繕をしてください。

 

3.工期が長い

スレート屋根の塗装は作業工程が多く工期が長いところがデメリット。一般的に10日前後かかります。その期間、家屋の外周に足場を組まれた状態だと室内が暗くなったり出入りが不便になったりと、日常生活に支障をきたす恐れもあります。

 

スレート屋根塗装の時期

スレート屋根は新築後10年を目安に塗装をすることをおすすめします。また、先述で紹介したコケや色あせといった症状が散見された場合は、この限りではありません。塗装の剥がれや屋根材のズレも見られたら、その都度塗装や修繕を検討しましょう。

新築の場合、ハウスメーカー間で「他者が工事に着手した場合保証を無効とする」などといった契約をしていることがあります。その場合は、保証が切れたタイミングで屋根塗装を行うのがベストです。

 

スレート屋根の塗装手順

スレート屋根の塗装は作業工程が多く、工期が長いのが特徴です。スレート屋根の塗装手順は「下地処理」「中塗り」「上塗り」「縁切り」です。以下で詳しく紹介していきます。

 

1.下地処理

高圧洗浄を行い、屋根材に付着したホコリや汚れ、コケなどを落とします。ひび割れがあれば補修を併せて行いますが、ひどいひび割れの場合は数日かけて行うことも。次に行う中塗りや上塗りの効果を発揮させるために、下塗りを行います。

この下塗りは見積書にはプライマーと記載されていることが多い傾向にあります。

 

2.中塗り

下地処理の完了後、塗装を進めていきます。こちらは、選んだ塗装剤のものを塗料を塗る作業です。スリットや端は刷毛を使用し丁寧に塗るため、時間を要します。最後にローラーで広範囲を馴染ませるように塗り、仕上げます。

 

3.上塗り

耐久性を高めるために中塗りと同じ塗料を使用して上塗りを行います。また、重ねて塗ることで艶や厚みが出るので美観を保つことが可能です。塗料の種類により、中塗りを行わないものもあります。

 

4.縁切り

縁切りを行うことにより、スムーズに雨水を排出させます。雨漏りを防ぐために重要な作業工程となります。屋根同士を触れさせないよう適切な隙間を作る縁切りは、手作業で行うため1〜2日かかることも。

縁切りが終了し、点検と手直しを終えればスレート屋根の塗装工事は完了です。

 

スレート屋根塗装にかかる費用

使用する塗料によって金額に開きはありますが、おおよそ30坪で50万〜100万円です。こちらの相場は足場代を含んでいるため、塗装単体であれば、30〜80万円が相場となっています。カバー工法は50〜150万円、葺き替え工法は100〜200万円が相場。比較すると費用を抑えられることが分かりますね。

近年、品質の塗料を押し売りされたり塗料に付加価値をつけて販売するなどした悪徳業者の報告が増えています。塗装で失敗しないためにも信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

 

スレート屋根塗料の選び方

スレート屋根の塗料は、国内産だけでも非常に種類が多くあります。そのため、どの塗料を選んで良いのか迷う方もいるでしょう。ここでは、「費用・築年数」「油性・水性」「機能」の3つの選び方のポイントをご紹介します。

 

1.費用・耐久年数で選ぶ

スレート屋根の塗装に使用される塗料にはグレードがあります。「ウレタン」「シリコン」「フッ素」「無機」の4つに分類され、費用と比例して耐久年数もあがる傾向にあります。ウレタンの費用相場は2000円/m2と比較的安価ですが、耐久年数は8〜10年。一方で、無機の費用相場は5500円/m2とコストがかかります。しかし、耐久年数は20〜25年と長期的に考えると無機を選んでください。

希望年数と予算と併せて検討しましょう。今後長く住む予定がない方は、最低限のウレタンにするなどライフスタイルも踏まえて選ぶことをおすすめします。

 

2.油性・水性で選ぶ

スレート屋根の塗料には、油性と水性があります。油性の特徴は、塗膜が強力で紫外線に強いところ。だだし、臭いが強くシンナー臭を感じてしまうことも。臭いに過敏な場合は、水性を選びましょう。

近年では、水性塗料であっても油性に劣らない性能のものが増えてきました。臭いや性能で油性か水性かを選択してください。

 

3.機能で選ぶ

スレート屋根の塗料には、耐久性や防水性を向上させるだけでなく、付加価値のあるものもあります。主に「遮熱」「断熱」「防カビ」が挙げられ、家屋の悩みに合わせて選べます。

例えば、エコ効果を期待したい方は「断熱」、寒冷地域の方は「断熱」、屋根に発生するカビや劣化を防ぎたい方は「防カビ」の塗料が適しています。

 

スレート屋根塗装におすすめの塗料

スレート屋根塗装におすすめの塗料の「RSルーフ2液F」「セラスタールーフ」を紹介します。耐久性やコストパフォーマンスが良い塗料をお探しの方はぜひチェックしてみてください。

 

・RSルーフ2液F

遮熱性に優れている油性・フッ素の塗料材で、日当たりの良い家屋に適しています。耐久年数が15〜20年で長期的に効果を期待したい方や節電やエコを目的にしている方におすすめ。また販売元の関西ペイントが認定した施工店のみ使用できる塗料です。

そのため、こちらの塗料を取り扱っている施工店は高い品質や技術力があると言えます。

 

・セラスタールーフ

油性・無機の塗料で耐久年数は、20〜25年と非常に優れています。また、防カビ機能もあるため、長期的なコストパフォーマンスを重視する方に最適な塗料材です。大型建築物でも実績のある、ジャパンカーボライン社の製品。

高品質の塗料材をお求めの方は、ぜひチェックしてみてください。

 

塗装以外のスレート屋根の修理方法

スレート屋根は、塗装以外にも「葺き替え工法」と「カバー工法」という選択肢があります。それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

 

1.葺き替え

葺き替えは、現在の屋根を全て撤去し、新しい屋根材の葺き付けを行う工法です。屋根材を剥がすため、防水シートや断熱材を同時に補修できるメリットがあります。しかし、廃材が出るため、処理費用や人件費がかかるところが難点。

足場代を含め、150〜200万円が費用相場と言われています。著しい劣化をした屋根や防水シートを取り替えたい方に向いている工法です。また、葺き替える屋根材はさまざまな種類から選べます。同時に屋根の外観を変えたい方は、葺き替えを検討してください。

 

2.カバー工法

既存の屋根の上に新しい屋根材を重ねる方法をカバー工法と言います。廃材を出さず、塗装よりも耐久性が見込める点がメリットです。足場を含めると費用相場は100〜150万円と塗装に比べ高価ではありますが、美しい外観と防水効果が高いため長期的に見るとコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

また、屋根材のヒビ割れが進行して塗装では補修できないような劣化にもカバー工法は向いています。

 

スレート屋根塗装のポイント

スレート屋根を塗装する際に覚えておきたいポイントは「DIYは危険」「外壁塗装と同時に行う」の2つ。以下で紹介していきます。

 

1.DIYは危険

小さなヒビ割れであれば、自身で修繕する方もいます。しかし屋根の塗装をDIYで行うのは大変危険です。理由は以下の通りです。

・足場が不安定な屋根に登ることが危険

・市販の塗装剤では劣化をさらに進行させる恐れがある

・安価なと塗装材ではすぐに剥がれる・効果が見込めない

・縁切りが上手くできないと雨漏りを引き起こす

屋根塗装は、専門知識と経験・技術で仕上がりが左右するため、DIYを行わず専門業者に依頼することをおすすめします。

 

2.外壁塗装と同時に行うのがおすすめ

スレート屋根を塗装するにあたり、足場を組むことがほとんど。もし外壁塗装を検討しているのであれば、同時行うのがおすすめです。足場を組むだけでも10万円前後費用がかかってしまいます。外壁塗装でも足場を組むため、後日行うとなると足場代が再度かかってしまいます。

足場代を削減するためにも、スレート屋根塗装と外壁塗装は同時に行うことをぜひ検討してください。

 

まとめ:スレート屋根は定期的な塗装が必要

スレート屋根は定期的なメンテナンスを行うことで、耐久性や防水性の向上が期待できます。これにより、屋根の劣化を遅らせ、雨漏りなどといった家屋にもたらす深刻な被害を未然に防ぐことが可能です。

屋根の塗料や種類は多種多様ですが、自身のライフスタイルや予算に合わせて選ぶことをおすすめします。万が一、塗装では修繕しきれない劣化であれば、葺き替え工法やカバー工法を検討しましょう。本記事を参考に、スレート屋根の定期的なメンテナンスを行ってください。

 

 

この記事をシェアする
Twitter
Facebook
はてな
RSS
求人情報はこちら求人情報はこちら