メニュー

コラム

2018.08.24

チャンスは待ってても来ません。

 

「チャンスよ来い!」

と手を合わせた瞬間に来ていたら

私たちはもっと豊かになっているはずだからです。

 

多くの人が幸運を望んでいます。

(試しに購入した宝くじが1等賞になればいいのに。)

と少なからず夢見たことがあるでしょうし、

(白馬の王子様が迎えに来てくれたら良いのに。)

とボヤいたこともあるかもしれません。

 

そして、よく人はこう言います。

「ついてないな。」と。

一緒にため息をつくのですね。

 

チャンスや幸せが来ないことに

ふーっと深い息を漏らして

窓辺でたそがれていたりするのです。

 

しかし、本当は来ていないのではなく

『来ているのに気づいていない』

あるいは

『気づいているのにつかめていない』のです。

 

 

回転寿司店に行ったことはあるでしょうか?

 

興味がなく目の前の友人や家族と話し込んでいれば

あなたはネタに気付くことなく

通り過ぎていきます。

 

また、あなたが望んでいないネタが来た場合も

同様に興味を示さないでしょう。

 

たまに面白いネタが回ってきて興味はわきますが

手に取るかどうかはその時の気分と食欲次第だと思います。

 

そして、あなたが待っていた

「マグロ!」が来てはじめて

それを待ち構えて手を伸ばそうとします・・・。

 

 

実はチャンスというのは

この回転寿司とほとんど同じしくみです。

 

回転寿司のネタのように

チャンスは一定のペースで

平然と通り過ぎようとしています。

 

それを取りたいと思って手を伸ばして

タイミングよく皿に手を取ってはじめて

チャンスは自分の手元に来るようになります。

 

望まなければ手に取ることは出来ませんし

狙いを定めて自分から手を伸ばさなければ

そのチャンスをつかみとることはできないのです。

 

また、望んだネタは連続で来ることもあります。

マグロが3皿くらい並んでくることもあるでしょう。

 

あなたの予想通りに

チャンスは来ないのですから

”予想以上”に連続して来ている場合もあります。

 

怖いくらいに当たってしまうときがあります。

 

そうしたときに

はたして1つだけでいいのか

本当は全部取りたいのか・・・?

ビビッて手を出さなくなるのか?

 

1皿手にしただけで

「もう来ないだろう・・・。」

と決めてかかるのも、もったいないということです。

 

 

あなたが得たいチャンスや幸せは

どのようなものでしょうか?

 

どんな見た目で、どんな形状で

どんな感触がするものでしょうか?

 

ぜひ得たいイメージを明確にして

あなたのもとにすでに来ているかもしれない

チャンスというものをつかみとっていただきたいと思います。

 

欲しいチャンスをハッキリと意識すれば

流れてくるチャンスをしっかり認識できるようになります。

受け取る覚悟も付きますから

多くの幸運を得られるようになります。

 

あるいは、

一見チャンスに見えないようなことにも

「もしかしてこれはチャンスなのでは?」

と疑ってみることです。

 

食わず嫌いすることなく

目の前のことを真摯に受け入れて

それにあった行動を取れるようにしていきたいですね。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

この記事をシェアする
Twitter
Facebook
はてな
RSS
求人情報はこちら求人情報はこちら